シータでストリートビューを作ってみた①

前回の記事“で一眼レフカメラに魚眼レンズを装着し、
ストリートビューの室内撮影を試した見た訳なのですが、
今回はリコーのTHETA(シータ) を使って撮影に挑戦。

試験撮影が行われるのは、今回もお馴染みの『オムニバ
取りあえず、百聞は一見にしかずという事でご覧下さい。

《シータで4カ所撮影し、連結してみました》

《前回の一眼+魚眼で作成した物》

やはり、比べてみると一眼で撮影した物の方が鮮明な感じはしますが、
明るさや色合いの調整がイマイチだったので、
正直どちらが良かったのか微妙なラインですよね。

それよりも三脚の映り込みだったり、
連結の精度の問題が大きい様な気がしますので、
アプリの使い方をマスターし、シータで再挑戦してみたいと思います。

取りあえず、三脚の映り込みを最小限にする為に、
本日、1脚を楽天で注文しましたので、何度か失敗を繰り返しながら
それっぽくなっていったらと思っております。

アプリについては、とにかく日本語での情報が少なくて困ってます。
エラーが多く、その上、1日後に反映されたりするので、
できているのかできていないのかの確認がなかなかできなかったり、
スマホとPCで反映が違っていたりするので結構難しい。

ストリートビューについては情報が少ないので、
近日中に再度撮影をして引き続き情報をアップしますね。